沖縄戦で身体・精神的被害を受けたとして住民と遺族79人が国に謝罪と1人当たり1100万円の損害賠償を求めた「沖縄戦被害・国家賠償訴訟」の判決が16日、那覇地裁(鈴木博裁判長)であった。鈴木裁判長は「日本国憲法施行前にあった国の行為について、国は賠償責任を負わない」として住民側の請求を棄却した。