寺島文庫と勁草塾が共催し21日に開かれた「沖縄から問いかける平和・経済連続講座」の第1回シンポジウムでは、朝鮮半島を中心とする東アジアの変化を巡り、日本の安全保障や米軍基地問題にどう影響を与えるかなどについて日米のパネリストが意見を交わした。