国立劇場おきなわの三線音楽公演「唄方〜うたかた〜島ぬうらみ節・なさき節」が12日、同劇場であった。沖縄本島、宮古、八重山、奄美の各地域で生まれ、歌い継がれてきた民謡の中から「恋」と「苦難」を表現した曲を選んで紹介する企画。若手の唄者ら7人が、しっとりと情感を込めた歌を披露した。