17日午前8時50分ごろ、沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前で新基地建設に抗議していた男性が、公務執行妨害の疑いで沖縄県警に現行犯逮捕された。市民グループによると、男性が持っていたプラカードが県警の隊員に接触したという。県警は沖縄タイムスの問い合わせに「当時の状況などを詳しく調べる」としている。

県警に拘束される男性=17日午前、名護市辺野古のキャンプ・シュワブ前

 市民らは「プラカードが触れたぐらいで拘束するなんてあり得ない」と反発。男性の拘束をめぐり、市民ら約100人と警察のにらみ合いが続いた。

 一方、海上では作業の様子が見られず、市民グループのカヌー隊も抗議には出ていない。