国や県などの行政機関と、交通、エネルギーなどの民間事業者でつくる沖縄防災連絡会が16日、那覇市の沖縄総合事務局で開かれた。会員の35機関から約100人が参加し、各部会が防災対策の取り組みを発表した。