【豊見城】豊見城市内の小学校に通う小学4年の男児が自殺し、市教育委員会の第三者委員会が「繰り返されたいじめが自死の主要因の一つ」とする調査報告をまとめた件で、宜保晴毅市長は21日、男児の遺族に直接会って謝罪する意向を示した。宜保市長は「遺族は本市に誠意ある対応を求めており、直接謝罪したい。