タイトルには少々どきっとさせられる。第71回カンヌ国際映画祭で最高賞を受賞した是枝裕和監督の「万引き家族」。善悪が入り交じるような雰囲気が興味を引く▼都会の片隅で、祖母の年金を頼りに暮らす「家族」の物語という。足りない分は万引で生計をつなぐ一家の日常。