沖縄防衛局は22日、名護市辺野古の新基地建設を巡り、県が辺野古海域のフロート設置は環境保全図書の変更に当たるとして変更承認が必要と指摘した文書に対し、保全図書が示すのは「汚濁防止膜」であり作業区域を示すフロートやアンカーの設置についての記載ではないとし、変更の必要はないと文書で回答した。