昨年、県内の建設業における労働災害による死傷者が212人と前年から60人(39・5%)増えた事態を受け、沖縄労働局(安達隆文局長)は22日、那覇市の同局で「県建設業Safe−Work運動」発足会議を開いた。