米軍普天間飛行場所属のオスプレイが昨年8月にオーストラリア沖で墜落した事故で、米海兵隊が「乱れた気流でバランスを失い、墜落した」とする調査報告書を発表したことを受け、常に墜落の危険にさらされている宜野湾市民らは「多くの米軍機が飛び交う中、同様の事故がいつ起きてもおかしくない」などと不安を口にした。