世界自然保護基金ジャパン(WWFJ)は23日、世界自然遺産登録を目指す南西諸島に生息する両生類・爬虫(はちゅう)類67種・亜種(両生類17種2亜種、爬虫類33種15亜種)を調査し、37種が国内や海外市場でペット取引されていると発表した。