沖縄タイムス+プラス ニュース

進む護岸工事に、抗議の呼び掛け 辺野古新基地

2018年5月24日 14:46

 沖縄県名護市辺野古の米軍新基地建設工事は24日、米軍キャンプ・シュワブ沿岸の「K4」護岸建設工事で砕石投下と被膜ブロックの設置作業が進められた。建設に反対する市民らはカヌー12艇、抗議船2隻で「海を埋める石はいらない」「ウミガメが産卵で戻ってこられなくなる」と抗議の声を上げたり、フロートを乗り越えたりした。

フロートの上に立ち、新基地建設反対を訴える市民と、フロート内の進入を阻止する海上保安官=24日、名護市辺野古

砕石投下が進む米軍キャンプ・シュワブ沖の「K4」護岸建設=24日、名護市辺野古

フロートの上に立ち、新基地建設反対を訴える市民と、フロート内の進入を阻止する海上保安官=24日、名護市辺野古 砕石投下が進む米軍キャンプ・シュワブ沖の「K4」護岸建設=24日、名護市辺野古

 また、3分間隔で行われる砕石投下に「それが君らの仕事なのはよく分かる。だから、よんなー、よんなーやろう」とクレーンやショベルカーの作業員に呼び掛けた。

 米軍キャンプ・シュワブゲート前では、午後1時までに2回の工事車両の搬入があった。午前中の1回目で126台の搬入があった。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム