米飯や総菜・弁当事業などを手掛ける沖食スイハン(浦添市、伊佐川正晃社長=写真中央)は23日、サラダクラブ(東京都、萩芳彰社長)から委託を受けてカットした生野菜でパッケージサラダを製造する糸満工場が、食品安全の国際規格「FSSC22000」を取得したと発表した。認証は4月20日付。