沖縄本島の北西沖で19日午前、2回の地震があった。気象庁によると、この地震による津波の心配はない。

 最初の地震は午前8時28分ごろ、マグニチュード4・8で震源の深さは10キロ。名護市と今帰仁村、粟国村、久米島町で震度1を観測した。

 2回目は10時28分ごろ、北緯27度、東経126・7度の同じ地点で発生。震源の深さも同じ10キロで、マグニチュードは4・9だった。久米島町で震度2、名護市と粟国村、南城市、嘉手納町で震度1。【沖縄タイムス+プラス編集部】