1944年に起きた台中丸撃沈事件を通して平和を考える特別授業が20日、那覇市立大名小学校6年1組であった。講師を務めたのは、日本復帰直前に台中丸の生存者から体験を聞き取った沖縄国際大学の石原昌家名誉教授。