名護市辺野古の新基地建設を巡り、無許可での岩礁破砕は違法として、県が国を相手に破砕を伴う工事の差し止めを求めた訴訟で、国側は23日までに県側の控訴棄却を求める答弁書を福岡高裁那覇支部に提出した。 答弁書では「法律上の争訟に当たらない」として県の訴えを却下した一審那覇地裁判決の正当性を訴えた。