【平安名純代・米国特約記者】オバマ米大統領が米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設計画が再び停滞する可能性を容認していたことが分かった。代執行訴訟で国と沖縄県の和解を受け、埋め立て承認取り消しをめぐる今後の法廷闘争の流れが見通せない上、国防予算のひもを握る米議会の態度が硬化する可能性もあるからだ。