県出身のアーティストCoccoが、岩井俊二監督の最新作「リップヴァンウィンクルの花嫁」に女優として起用され、主演の黒木華、綾野剛ら人気の俳優と共演している。26日からシネマパレットで公開される本作や、監督との運命的な出会い、共演者の印象について語った。(社会部・知花徳和)

映画出演について語るCocco=那覇市・沖縄タイムス社

 「中学生のときにテレビドラマか何かを見ていて『これを作った人と私は会う』と決めていた」。テレビ画面のエンドロールに映る「監督・岩井俊二」という文字をメモに書いて宝箱に収め、いつか岩井監督と出会える日を夢見た。「監督が出演もしている映画に私の曲を使ってくれることはあったけど会いには来なかったな」。歌手デビュー後に対面できると思ったが、機会に恵まれなかった。

 「リップ-」への出演は、Coccoが出演した舞台「ジルゼの事情」を岩井監督が観覧し、終演後に対面したことがきっかけ。「会った後に(原作の)本が送られてきて、読んだら『できる』と思ったから『明日から撮影できます』」と応えた。岩井監督の印象について「普段はふわっとしていて女子力が高い。けど、映画に関しては変態的かな(笑)」と評す。

 本作は東京を舞台に、派遣教員の皆川七海(黒木)が、なんでも屋の安室行舛(綾野)に奇妙なアルバイトを次々とあっせんされる過程で起こるドラマを描いたもの。Coccoは奇妙なバイト役の里中真白を演じている。

 共演する黒木については「おおきくて、まるくて、ゆったりしていて、透明なかんじ」との印象。作中で演じる七海にもそれが現れているという。

 女優業について「(音楽)ライブの前はワクワクよりも心配事が多くてよく眠れないけど、(映画の)撮影前はよく眠れるし、撮影も楽しい」と音楽活動との違いを語った。

 「リップ-」の公開日程が決定した当初、沖縄での上映予定は無かったが「絶対に沖縄で上演してほしい」と関係者に掛け合い、実現した。本作を見た沖縄の子が「『作った人に会ってみたい』と思ってもらえたらうれしい」と期待を込めた。