建築物の高さ制限緩和を盛り込んだ石垣市の景観地区見直しを巡り、市都市計画審議会が川平地区の変更案を否決した。地元の声が響いた結果にもみえるが、「見直しありき」とも指摘される市の拙速な姿勢は審議会でも疑問の声があり、市への不信感が「待った」を掛けた形とも言える。