【森田さくら通信員】沖縄へ2社4便の航空路線が就航している中国北部の都市天津。この街で初めて沖縄をテーマにしたイベントがこのほど、イオンモール天津梅江で開催された。

多くの注目を集めたエイサーの演舞=イオンモール天津梅江

 会場には沖縄観光コンベンションビューローのマスコット「マハエ」の装飾がひときわ目立ち、訪れた客を歓迎。物産コーナーでは黒糖や泡盛、シークヮーサー製品、健康飲料がそろい、旅行情報ブースでは天津現地の旅行社が沖縄旅行商品を紹介した。

 来場者からは「今年は北海道か沖縄に行こうと思っていた。ちょうどここで資料がもらえてよかった」「4月は海で泳げるの?」などの声が飛び交っていた。

 スーパーで買える材料で作れる沖縄料理として、サーターアンダギーやソーミンチャンプルー、ゴーヤーカレーの試食やレシピの配布もあった。特に注目を集めたのは沖縄からきた団体「かじまーい」によるエイサー。大太鼓の音と力強い演技に、会場には大きな人だかりができ、楽しそうにカチャーシーに参加する人の姿も見られた。

 沖縄県北京事務所とともにイベントを企画した北京イオンの本村努副社長は自身も沖縄出身。「県出身として感無量。中国のお客さまの関心が非常に高く、フェアを通じて芸能や食べ物など琉球文化をリアルに体験していただいた。次回は北京でも開催したい」と感慨深げだった。