【郷田まみ通信員】今年85歳を迎える県系5人の誕生日会が5日、在亜沖縄県人連合会で開催された。対象者は島袋松善さん(うるま市)、新里浩さん(宜野座村)、新里サラさん(宜野座村)、崎間幸久さん(名護市)、石川脩さん(宜野湾市)。

85歳を迎える県系5人の誕生日会

 県人会幹事の宮原ダニエルさんが開会の辞を述べた後、同会の玉城智会長が「85歳のトゥシビーおめでとうございます。これからもますます健康で、トーカチ、カジマヤー、白寿と健やかであってください」と祝いの言葉を贈った。

 また、余興を担当した野村流音楽協会亜国支部、筝曲興陽会亜国支部、宮城流和美の会内間キヨ子琉舞研究所、玉城流翔節会大庭キク琉舞道場、円の会山本美佐子琉舞道場、琉球サップ会、常に協力を惜しまない沖縄県人連合会婦人部に感謝の意を表した。

 「乾杯! サルー! カリー!」と日本語、スペイン語、しまくとぅばで乾杯し、誕生日を迎えた主役らにはペルガミーノ(寄せ書き)とプレゼントが渡された。参加した親戚家族が一緒になり、ステージ上とサロン内でカチャーシーを踊って盛り上がった。