村上龍「料理小説集」の冒頭に、スッポン料理のことが書かれている。 「私」がニューヨークの秘密の売春屋で、前に歯を治療してもらった日本人歯科医と偶然出会う。そこを出た後、バーで酒を飲みながら、あの秘密の店を誰に聞いたかを歯科医に尋ねる。