道徳の教科化や教職員の働き方、新学習指導要領をテーマにした「教育の危機を考えるシンポジウム」(主催・同実行委員会)が27日午後1時半から、沖縄市農民研修センターで開かれる。 佐久間正夫琉球大学教育学部教授や教職員代表、退職教員がパネリストとして問題提起や現場報告をする。