野田聖子総務相は25日、地方議会に占める女性の割合を増やす方策を探るため、北海道や山口県などの女性議員18人と東京都内で意見交換した。出席者からは「地方議会に託児所を設けるなどして、子育てしやすくすることが女性議員の増加につながる」といった意見が出た。野田氏は男女共同参画担当相も兼ねる。

 地方議会の女性議員との意見交換に臨む野田総務相=25日午後、東京都千代田区

 国会や地方議会の女性議員増を促す「政治分野の男女共同参画推進法」が成立したことを受け、内閣府などが企画。野田氏は「女性が担い手になれるだけの環境整備ができているかが問題だ」と強調した。(共同通信)