沖縄タイムス+プラス ニュース

米軍基地に絶望、外に希望? キャンプ・シュワブ前に謎の落書き

2018年5月27日 05:39

 沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ前の歩道に、英語の落書きがある。基地のフェンスの方を矢印で指して「Despair(絶望)」、基地外を指して「Hope(希望)」などと黄色っぽいチョークで書かれている。基地内を「奴隷状態」、基地外を「自由」と表現したもの、少したどたどしい日本語で「入り口か出口か」というものもあり、誰が書いたのかは不明。通りがかった米兵に内容をどう思うか尋ねると、「さあ」と肩をすくめた。

基地側に矢印を向けて「Despair(絶望)」、道路側に向けて「Hope(希望)」と書かれていた=26日午後、米軍キャンプ・シュワブ前

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム