県が25日に発表した4月の入域観光客数は、前年同月比9・7%増の83万3200人で、4月としての過去最高を更新した。前年同月を上回るのは67カ月連続で、各月の過去最高が塗り替えられるのは54カ月連続。

首里城(資料写真)

 4月の入域観光客数の内訳は、国内客が全体の67%を占め、前年同月比1万4800人(2・7%)増の55万6400人。春休みやゴールデンウイークの旅行需要に加え、沖縄国際映画祭、琉球海炎祭、宮古島トライアスロンなどのイベントが押し上げた。

 外国客は5万9200人(27・2%)増の27万6800人。航空路線の増便や初就航のほか、クルーズ船の寄港回数が前年同月比7回増の40回だったことが寄与した。国別にみると、台湾、韓国、中国などが伸びた一方で香港が10・6%減。花見旅行で東京や大阪を選ぶ観光客が多く、はしかによるキャンセルも一部影響したという。

 5月は、国内客は堅調、外国客は好調の見通し。はしかによるキャンセルは4月分よりも5月以降分が多いため懸念材料ではあるものの、航空路線の拡充やクルーズ船の寄港増が見込まれる。クルーズ船の寄港回数は、前年同月比32回増の59回に達する予定。