学校現場などでの情報通信技術(ICT)教育の発展、推進を目的にした一般社団法人沖縄STEM教育センター(宮里大八代表理事)が設立され、県庁で23日に会見が開かれた。

沖縄STEM教育センター設立について報告する宮里大八代表理事(右)ら=日、県庁

 法人は県内でプログラミング教室を開く事業者などで構成。子どもたちへのテクノロジー教育や、教育現場で活用できるコンテンツの提供、教員向けの指導などを事業目的としている。

 今夏に小中高校教員にプログラミングなどの指導ノウハウを伝える講座の開催や、県内14カ所で子どもたち向けのICT講座を開設する予定だ。

 宮里代表理事は「小中学校で始まるプログラミング教育に対応する環境が整っていない現状があり、私たちでサポートできることをやっていきたい」と意欲を語った。