米兵暴行事件を受けた大規模な県民集会から一夜明けた22日午前、会場の名護市米軍キャンプ・シュワブ近くで、新基地建設に抗議する市民の集会が開かれた。沖縄平和運動センターの大城悟事務局長は「実数で2500人かそれ以上の人が集まり大成功だった」と報告し、謝意を示した。 参加者からは「被害者に落ち度は一切ない。軍隊の暴力性が示された事件であり、米軍基地の撤去が必要だ」など、引き続き暴行事件への怒りの声が上がった。

米兵暴行事件への怒りを表明する集会参加者ら=22日午前9時半、名護市の米軍キャンプ・シュワブゲート近く