米中央情報局(CIA)が沖縄世論の操作方法を研究した解説書は一見、沖縄の歴史や文化を精力的に調査したようだが、米軍に不都合な真実を意図的に省いている。偏った内容は、基地を巡る米政府の政策決定をゆがめかねない。 解説書は米軍に対する県民の厳しい視線を沖縄のメディアや政治家、時には日本政府のせいにする。