太陽光発電パネルの全面を覆い、太陽光エネルギーを吸収するシリコンウエハをスライス加工する切断具「ダイヤモンドワイヤ」の製造・販売を手掛ける中村超硬(大阪、井上誠社長)は4月、うるま市の国際物流拠点産業集積地域に工場を建設する。沖縄を拠点に、アジアを中心に普及が進む太陽光発電の需要の取り込みを狙う。