沖縄県教育委員会は22日、県立高校2次募集の最終志願状況を発表した。全日制は定員1481人に対して952人が志願し、倍率は0・64倍だった。定時制は定員291人に150人が志願し、倍率は0・52倍。

 倍率が高いのは、中部農林(定)農業科1・70倍、南部農林(全)生活デザイン科1・50倍、沖縄工業(全)情報電子科1・40倍。

 次いで真和志(全)普通科介護福祉コースと豊見城南(全)普通科普通コース、浦添商業(全)国際観光科が同率の1・33倍。

 2次募集の面接日程は各校が設定する(23~25日)。合格発表は28日午前9時、各校で。