高校野球の第63回県春季大会第3日は22日、北谷球場など3球場で1回戦8試合が行われ、豊見城南、糸満、普天間、那覇西、与勝、知念、宮古工業、沖縄水産が2回戦に進んだ。

豊見城南-名商工 名商工打線を2安打完封した豊見城南の金城勝士=北谷球場(松田興平撮影)

 豊見南は九回、2連続タイムリーで2点を挙げ、2-0で名護商工に競り勝った。先発金城勝士が2安打完封した。11安打の糸満は陽明に9-0の七回コールド勝ち。投げては平安常輝、大城幸雅の継投で3安打完封した。

 普天間は二回3点、三回に4点と畳み掛け、7-3で那覇国際を破った。那覇西は初回に3点を先制し五、六回にも計4点を加え、7-0の七回コールドで南風原を下した。

 第4日は23日、3球場で1回戦残り7試合を行う。

<22日の結果>

▽1回戦

与勝 9-2 未来沖

知念 10-1 昭薬付

那覇西 7-0 南風原

糸満 9-0 陽明

沖水 10-2 北中城

豊見南 2-0 名商工

普天間 7-3 那覇国

宮古工 12-2 具志川商

<きょう23日の試合>

▽1回戦

〈北谷、9時〉

美里-南部商・南部農

本部-球陽

〈宜野湾、9時〉

首里-宜野湾

北部農-向陽

〈セルラー那覇、9時〉

沖尚-石川

中部商-浦添

開邦-読谷