昨秋の県大会1回戦の再戦は普天間が那覇国を7-3で破り、雪辱を果たした。眞喜志康克主将は「絶対に負けられない相手だった」と安堵(あんど)した。 二回3点、三回4点と序盤で一気に決めた。