豊見南は0-0の九回に待望の2点を挙げ、名護商工を振り切った。先発のエース金城勝士が2安打完封で、じりじりした投手戦を制した。 狙われていると感じた外角をあえて突き、打たせて取る投球に徹した。120キロ後半の直球にスライダー、カーブを織り交ぜて緩急をつけ、打者の打ち気をそらした。