2016、17年に那覇市内の路上を歩いていた10代少女と20代女性を脅して空き家などに連れ込み暴行を加えたとして、強姦(ごうかん)と強姦致傷の罪に問われた同市の自営業、高良尚吾被告(34)の裁判員裁判の判決公判が25日、那覇地裁であった。