【東京】26日に国会周辺で開かれた名護市辺野古の新基地建設に反対する「国会包囲行動」では、東京や全国各地の市民、国政野党の国会議員もマイクを握った。近づく土砂投入に危機感を募らせ、工事を止めようと沖縄との連帯を確認した。