【山城博明通信員】オキナワ第1移住地にあるオキナワ第一日ボ校の第31回運動会が4月、同校グラウンドであった。昨年は雨続きで開催も心配されたが、今年は天気に恵まれ、爽やかな風が吹く晴天で絶好の運動会日和となった。

徒競走で力走する子どもたち=第一日ボ校グラウンド

 生徒たちは赤、白に分かれて徒競走やリレー、ダンスにマーチングと各種プログラムを繰り広げた。応援合戦では両チームとも自分たちで考えたパフォーマンスで会場を沸かせた。

 開会式でロレナ・クルス西語部校長が「一生懸命頑張って勝てば最高。しかし負けても懸命にやった結果なので誇りに思ってほしい」と励ました。中村侑史オキナワ日本ボリビア協会長は「皆さんは励まし合い、助け合いながら日々練習を重ねてきたと思う。その成果を十分に発揮してほしい」と話した。

 家族リレーは一番盛り上がる種目で日頃運動不足ぎみのお父さん、お母さんたちも子どもたちの声援を背に奮闘した。[ワールド通信員ネット]