【東京】名護市辺野古の埋め立て承認取り消しに関する国の「是正指示」に対し、県は23日午後、是正の指示が違法な関与として総務省の第三者機関・国地方係争処理委員会に審査を申し出た。

総務省自治行政局の渕上俊則局長(左)に係争委への審査申し出を提出する県の池田竹州県基地防災統括監=23日、都内の総務省

 国土交通相は16日付で是正指示を出していた。県の申し出では、埋め立て承認取り消しは適法で、是正指示が違法と主張し、係争委に同指示を取り消すべきであるとの勧告を求めている。

 是正指示をめぐっては、国は7日付に指示を出していたが、県側は指示の理由が付記されていないと指摘。国交相は16日に取り消し、再度指示をし直していた。県は23日、当初の指示に対する係争委への審査申し立てについて、国交相の取り消しを受け取り下げた。