梅雨明けから10月末にかけてのレジャーシーズンに、県内で過去5年間に発生したマリンレジャー事故者は計301人で、シュノーケル中が最多の100人と全体の33・2%を占めることが分かった。第11管区海上保安本部がまとめた。