ホテル運営を手掛けるカトープレジャーグループのKPGホテル&リゾート(読谷村、田中正男社長)は外国人従業員の採用や、インターンシップの受け入れを積極的に実施し、人材確保につなげている。 外国人の採用は人手不足対策や、多様な人材を受け入れ育てる「ダイバーシティー」の取り組みの一環で、2年前から本格化。