国が是正の指示をいったん撤回し、出し直すなど回り道したものの、沖縄県が23日、国地方係争処理委員会に審査を申し出たことで、和解条項に基づき、翁長雄志知事の埋め立て承認取り消しの適法性を争う舞台が整った。国は取り消しを違法として是正を求め、県は適法な取り消しに対する国の関与を違法と主張する。