名護市辺野古の新基地建設に関連する希少なサンゴの移植を巡り、沖縄防衛局が埋め立て区域内に生息する「オキナワハマサンゴ」の採捕許可が県から出るまでの間、国内で初めての環境維持対策を6月から実施することが28日、分かった。