高校野球の第63回県春季大会第4日は23日、北谷など3球場で1回戦残り7試合を行い、宜野湾、沖縄尚学、浦添、北部農林、読谷、本部、美里が2回戦に進んだ。

首里-宜野湾 延長11回裏宜野湾2死三塁、平良幸喜が左前にサヨナラ打を放つ=宜野湾球場(金城健太撮影)

 八回に3点を追いつかれた宜野湾は延長十一回、2死三塁で途中出場の1番平良幸喜が左前適時打を放ち、4-3で首里にサヨナラ勝ちした。沖尚はエース諸見里俊が6安打完封し、4-0で石川を下した。

 浦添は2-2の五回、4番粟国壮太の2点適時打などで3点を挙げ、5-3で中部商業を退けた。北部農林は1-1の八回、打者11人の猛攻で一挙6点を奪うなど向陽を9-1で破った。

 第5日は25日、3球場で2回戦8試合を行う。

<23日の結果>

▽1回戦

美里 7-2 南部商・南部農連合

宜野湾 4-3 首里

沖尚 4-0 石川

本部 8-1 球陽

北部農 9-1 向陽

浦添 5-3 中部商

読谷 8-1 開邦