県農林水産部(島尻勝広部長)は28日、梅雨入り後も降水が少なく、今後も少雨傾向が続くと予想されることから「干ばつ被害防止対策会議」を開いた。農作物、特にサトウキビの成育への影響が懸念されている。島尻部長は「積極的にかん水するように周知し、干ばつ被害軽減のため助成を活用してほしい」とコメントした。