沖縄物産企業連合(那覇市、羽地朝昭社長)が28日発表した2017年度決算は、新規出店に加え、利益率の高いプライベートブランド(PB)の卸売りも好調で、売上高が29億294万円と前年度から8・2%伸びた。経常利益は57・1%増の4462万円で過去最高を更新。