2人が負傷交代する危機を乗り越えた。宜野湾は延長の末、首里にサヨナラ勝ち。十一回2死三塁、左前に決勝打を放った途中出場の平良幸喜は「いいところで回ってきた。打ててうれしい」と声を弾ませた。 3-0の八回、アクシデントに見舞われた。