戦前に旧京都帝国大学の人類学者が県内から琉球人の遺骨を持ち去り、京都大に収蔵されたままになっている問題で、遺骨が調査研究で収集されて京大側に送られたことを伝える1929年の新聞が28日までに確認された。