沖縄労働局(安達隆文局長)が29日発表した4月の有効求人倍率は1・17倍(季節調整値)で前月より0・05ポイント上昇し、18年1月に記録した過去最高値と同じだった。新規求人数を新規求職申し込み件数で割った新規求人倍率は1・99倍で、過去最高値を更新した。