希少サンゴの保全を考えるならば、護岸工事をストップすべきだ。 辺野古新基地の埋め立て地に生息する「オキナワハマサンゴ」(絶滅危惧2類)を巡り、防衛省沖縄防衛局は6月から国内で初めてという「環境維持対策」を実施する。