県地域保健課は29日、県内で新たな麻疹(はしか)患者が16日以降、確認されていないことを受け、このまま新規患者が出ない場合、来月11日に流行の終息宣言ができる見通しだとの見解を示した。これまで確認された患者99人全員がすでに治癒したとみられ、県内での感染拡大の可能性は低いという。